Windows 10で、ファイル・フォルダ・URLをタスクバーにピン留めできる

クイック起動(Quick Launch)がなくなった?

 Windows Vistaでは、「クイック起動」に設置したショートカットは、タスクバーから簡単にアクセスできるだけでなく、[Windows] + [数字キー]というわかりやすいショートカットキーで起動できるのでとても便利に使っていました。自分は「Note.txt(覚え書き用のテキストファイル)」『EdMax(メールソフト)』「Twitter」「Live Dowang Leader」などを設置していました。

 Windows 10では「クイック起動」はなくなりました*1。その代わりに、右クリックメニューに「タスクパーにピン留めする」という設定が加わりました。タスクバーにピン留めすれば、従来のクイック起動とほぼ同じ挙動になります。

 しかし、タスクバーへのピン留めはアプリケーション(ショートカットも含む)に対してしかできません。自分の場合、『EdMax』はアプリケーションなのでできますが、「Note.txt」はファイル、「Twitter」と「Live Dowang Leader」はURLなのでピン留めできません。これは困る。また、フォルダはスタート画面へのピン留めはできますが、タスクバーへのピン留めはやはりできません。

起動するアプリケーションも含めたショートカットならピン留めできる

 ファイルやURLもピン留めできないできないものかと情報を探しているうちに、次のページにたどり着きました。

xinroom.net

 要するに、まず起動するアプリケーションのパスを指定して、次に開くファイル・フォルダ・URLのパスを指定するショートカットを作成すれば良いということです。なるほどー。

 ショートカットを右クリックするなどでプロパティを開いて「ショートカット」タブの「リンク先」を見ると、次のように書かれています(Eドライブ直下の"NOTE.txt"のショートカットの場合の例)。

"E:\NOTE.txt"

これをこう書き換えます。

"C:\WINDOWS\system32\notepad.exe" E:\NOTE.txt

こうすると「notepad.exe」すなわち『メモ帳』で「E:\NOTE.txt」を開くという意味のショートカットになります。これだと『メモ帳』というアプリケーションへのショートカット扱いになるので、右クリックすると「タスク バーにピン留めする」がばっちり表示されます。ちなみに、パスの取得は、exeファイルなどを[Shift]を押しながら右クリックして「パスのコピー」を選ぶと楽です。

 フォルダを開くショートカットの場合は、起動するアプリケーションはエクスプローラー(C:\Windows\explorer.exe)です。

 この方法を使えば、ファイルでもフォルダでもURLでも、好きなものをタスクバーへピン留めできます。

 URLのショートカットを作る場合は、一つ注意する点があります。リンクファイルの種類は「ショートカット」である必要があります。「インターネット ショートカット」はパスにURLしか指定できないのでアプリケーションのパスを書き加えることができません。ショートカットのプロパティを開いたときのタブが「Web ドキュメント」なっていたらダメです。「デスクトップで右クリック→新規作成→ショートカット」などで作成しましょう*2

タスクバーへピン留めできるショートカットの設定例

 具体的なショートカットの作成例をいくつか書いてみます。

 前半のアプリケーションを指定しているパスと、後半のファイルなどを指定しているパスの間は、半角スペースで区切ります。

 パスに半角スペースが含まれている場合は""(半角ダブルクォテーション)で囲む必要があります。たとえば「C:\Program Files (x86)」は「Program」と「Files」の間に半角スペースがあるので、そのままだと「C:\Program」で区切られていると判断されてうまく動きません。""で囲めば囲んだ部分全体がパスであると認識されます。なお、「パスのコピー」でコピーしたパスは自動的に""で囲まれています。

 なお、タスクバーにピン留めしたショートカットの実体は下記の場所にありますが、このフォルダを直接いじってもうまくいかないようです。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\TaskBar

残る課題:『Microsoft Edge』で開くショートカットをタスクバーへピン留めしたい

 まだ実現できてないことが1つあります。『Microsoft Edge』で開くショートカットをタスクバーへピン留めしたいのですが、方法がわかりません。

 既定のブラウザが何であれ『Microsoft Edge』で開くURLのショートカットは、次のような形式にすれば作れます。

 しかし、これだとアプリケーションへのショートカット扱いにはならないようで、タスクバーへピン留めできません。また、『Microsoft Edge』の実体は下記の場所にありますが、このexeファイルを実行したり、ショートカットのパスに指定したりしても『Microsoft Edge』は起動しません。

C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\MicrosoftEdge.exe

下記のページを読むと、いままでのデスクトップアプリとは異なる扱いになっているという感じはします。でも、どうしたらいいんだろう?

*1:Windows 10でも「クイック起動」はフォルダとしては存在おり(C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch)、「新規ツールバー」で作ればタスクバーにショートカットを置くことはできます。しかし、[Windows] + [数字キー]で開けないので、代替手段としては不十分です。

*2:なお、『Internet Explorer』で開ければいいなら、『Internet Explorer』でピン留めしたいページを表示して、タブをタスクバーにドラッグするだけでURLをピン留めできます。この方法でピン留めすると『Internet Explorer』でしか開けません。