第36回カーリング日本選手権の思い出のシーン

 去る2月11日から2月17日まで、日本カーリング選手権が行われていました。NHKカーリング中継は、昨年は五輪イヤーだったためやや控えめでしたが、今年は例年の連日1日2試合中継の態勢に戻って、特設サイトの情報も充実。インターネットライブ配信も、今年はYouTubeでの配信になって、さらに過去の配信も見られるという、時間がいくらあっても足りない態勢に拍車がかかる(^_^;)

 と言うわけで、今年も自分が印象に残ったシーンを、局面図を交えて振り返ってみます。

女子予選 チーム京都-中部電力

1エンド チーム京都のコミュニケーション

 京都弁だか広島弁だか知らんが、味のあるコミュニケーションを取っているチーム京都。「そだねー」のロコ・ソラーレとはわけが違う(^_^;)

「テイクでねー、曲がってこっち当たって、これが出るかもしれんけー。それじゃったら前置いた方が……。ワンやしな」

 このチーム京都というチーム、2選手はカーリング歴なんと10ヶ月だそうです。平昌五輪でロコ・ソラーレの銅メダルがきっかけで競技を始めて、それから10ヶ月で全国大会に出場して、そのロコ・ソラーレと公式戦で試合をするなんてことが起こるんですね。

女子予選 チーム京都-中部電力
チーム名 H 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
チーム京都   0 1 0 0 0 0 0 - - - 1
中部電力 2 0 1 2 1 3 1 - - - 10

女子予選 富士急-ロコ・ソラーレ

2エンド 気配り淳子さん

 小穴2投目の投球前。スイープの時につまずきそうな石に注意するように小谷姉に呼びかけるが、小谷姉が全然気がつかず、ちょっといらつく西室w

西室「(ガードの石を指して)優奈、これな、気をつけて。優奈! 優奈! ……有理ちゃんこれ気をつけるように言ってお姉ちゃんに」

4エンド ピンチを救う小穴のドロー

女子予選 富士急(赤)-ロコ・ソラーレ(黄) 4エンド 先攻赤フォース1投目

 先攻富士急フォース1投目。苦しい形だったが、小穴桃里がナイスドロー。曲がるラインを読み切ってガードをの黄をギリギリかわして黄に軽く触れて止まるナイスショット。チームのピンチを救った。

 このあと、ロコ・ソラーレのスキップ藤澤五月がランバックでボタンを狙うが、2投ともガードにかすって失敗。ハウスの中はこの形のまま。このエンド、富士急が1点スチールした。

9エンド 9エンド1点リード先攻の戦術は?

 試合は進んで4-3で富士急の1点リードで9エンド。先攻の富士急は、当然ガードを置くかと思ったが、1投目をハウスに入れてきた。その後もテイク戦模様。これでいいのか富士急!?

 9エンド1点ビハインド後攻の立場で考えると、ブランクにして10エンド1点ビハインド後攻になれば互角。2点取って10エンド1点リード先攻になっても、ブランクの場合と立場が逆になるだけで大差ない。1点取って10エンド同点先攻になってしまうとかなり不利。

 つまり、通常の後攻の目標は「2点取る>ブランク>1点取る」くらいの優先順位だけど、9エンド1点ビハインドの後攻は「2点取る=ブランク>>>1点取る」となる。2点取りのメリットが小さく、しかも2点取りに行って1点しか取れなかった場合の損が大きい。したがって、9エンド1点ビハインドの後攻は、2点取りは狙わずブランクを狙ってくる。

 よって、先攻としてはその狙いを阻止すべく点数の入る勝負に持っていきたい。うまく1点取らせればかなり有利になるし、失敗して2点取られても互角の勝負になるだけ。

 ……ということだと思うのだけど、このエンドで富士急が採った作戦はテイク戦。富士急はどういう狙いだったんでしょうか?

 結局、このエンドはブランクになるのですが、富士急のラスト1投。ここで突然フリーズに行くという手もあったらしい。なるほどー。

10エンド 見応えのある攻防

 最終10エンドで後攻が1点ビハインドという、カーリングで最も際どい展開。

 それぞれのチームのサード、富士急の西室淳子とロコ・ソラーレ吉田知那美がナイスショットの応酬。まず先攻・西室1投目で右からのヒットロールを決めてセンターガードの裏に隠れれば、後攻・吉田知1投目は左からセンターガードをギリギリかわしてその赤をテイク。西室2投目でその黄をテイクして右へロールして再びセンターガードの裏に隠れる。上げた右手を力強く握りしめた西室。

女子予選 富士急(赤)-ロコ・ソラーレ(黄) 10エンド 先攻赤フォース1投目

 しかし、吉田知が再びその赤をテイクして、今度は左にロールしてコーナーガードの裏に隠れて、図の投球前の形に。見応えのある攻防。ここで富士急タイムアウト。西室雄二コーチが降りてくる。

淳子「どうします? あのさあ、一応案としては……」

 淳子、コーチに向かって「あのさあ」って言うなw

 タイムアウト明けの富士急フォース・小穴桃里1投目。ハウス左端の赤から角度を変えて中に転がす作戦。狙い通り少し内側にロールしてナンバー1を取る。

 このショットが効いて、このエンドはロコ・ソラーレは1点しか取れず。4-4の同点でエキストラ・エンド。有利な後攻は富士急が取った。

11エンド 痛恨のスルー

女子予選 富士急(赤)-ロコ・ソラーレ(黄) 11エンド 後攻赤フォース1投目

 富士急フォース・小穴1投目、少しだけ見えている中央の黄を直接テイクに行くが、わずかにスルーしてしまう。痛恨のショット。手前のガードに当たってガード外しになるのはまだ良かったが、スルーは致命的だった。

 このあと、ロコ・ソラーレのフォース・藤澤五月の2投目は、黄のセンターガードの手前やや右にガード。ドローコースもランバックコースもふさぐ狙い通りの位置に置く。小穴2投目は左から複数の石を経由する難しいランバックを狙わざるを得ず、狙いの石に飛ばずロコ・ソラーレ1点スチール。ロコ・ソラーレの勝ちとなった。

 このエンドの富士急はリードの小谷有理沙が2投ともウィックを決めたが、そのあとのショットが続かず、簡単な展開に持ち込めなかった。ここまで有利な試合展開だっただけに、悔しい敗戦になった。

女子予選 富士急-ロコ・ソラーレ
チーム名 H 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
富士急 1 0 1 1 0 0 0 1 0 0 0 4
ロコ・ソラーレ   0 2 0 0 0 1 0 0 0 1 1 5

女子予選 北海道銀行-富士急

3エンド 小穴のダブルテイク祭り その1

女子予選 北海道銀行(赤)-富士急(黄) 3エンド 先攻黄フォース2投目

 この試合は富士急のフォース・小穴桃里のダブルテイクが連発した。まず3エンド。

 後攻、北海道銀行のスキップ吉村紗也香の1投目は右にドローして図の投球前の形に。赤1・2を作ったが、もう少し奥まで行って平行近くに置きたかった。距離はあるが赤2つのダブルはある角度が残る。

 そして、すかさず小穴のダブルテイクが炸裂。このエンドをブランクにする。

5エンド 小穴のダブルテイク祭り その2

女子予選 北海道銀行(赤)-富士急(黄) 5エンド 後攻黄フォース1投目

 後攻、富士急フォース・小穴1投目の投球前のやりとり。1つ目の赤に薄く当てるトリプルテイクを狙っているが……。ハウスにはバイススキップの西室。解説は石崎琴美

小穴「7だよね」
西室「うん。7……半でもいいよ、どっちがいい?」
(小声で)
小穴「ちょっとわたし見えないんだよなこっちから」
石垣「まじかいな」
小穴「淳子さんにコールを任せよう(笑)」
石崎「(笑)コールを任せよう……」
実況「(笑)」

 解説も実況さえも笑わせる富士急漫才。しかし、ショットの方は狙いのトリプルテイクを決める! シューターも残して逆に黄が1・2を取る。

 このあと吉村紗也香の2投目のダブルテイクは決まらず、小穴2投目のドローでこのエンド富士急が2点を取った。

6エンド 小穴のダブルテイク祭り その3

女子予選 北海道銀行(赤)-富士急(黄) 6エンド 先攻黄フォース2投目

 ハーフタイムを挟んでも小穴の絶好調は続く。

 先攻、富士急フォース・小穴1投目は、ある程度距離もある上、薄く当てなければいけない難しい角度のダブルテイク。しかし、今日の小穴はこれも決める。

西室「キレッキレだな。キレッキレや」
石垣「来てますねー」

 このエンドをブランクにする。

7エンド 小穴のタップバック

 富士急のセカンド・石垣真央2投目はハウスに入ったところくらいに止めたいドロー。

石垣「ちょっとウェイトないかも」

 最初は短そうだったので西室と小谷有理沙がスイープするが……。

石崎「今のコールだと、3・4と言ってますので、ハウスの前に止まるようなウェイトでしたけども。お、けっこう伸びてますね」
西室「走ってるよー。やり過ぎたわー」

 結局T奥まで行く。

女子予選 北海道銀行(赤)-富士急(黄) 7エンド 先攻黄フォース1投目

 このエンドは、サード2投目を前に北海道銀行タイムアウトを含めて3分以上時間を使う。力の入ったエンドになった。

 そして、今度はテイクアウトではないが、またも小穴のナイスショットが出る。富士急フォース・小穴1投目、左から黄を押して4フットに押し込んで赤にぴったり付ける。

 このあと、吉村1投目は右の赤から中央に飛ばして形を変えるが、バックガードがあるおかげで黄がナンバー1で残る。このまま富士急が1点スチール。スコア5-2となり富士急が優位に立った。

9エンド 流行語?

 試合の方はこのまま富士急が逃げ切ったのだが、ぜひ紹介したい1シーン。

 富士急フォース・小穴1投目を前に作戦会議。

小穴「ただねー……厚い時にちょっとやだなっていう感じ」
西室「うん、こっちにしよう」
石垣「うん、こっちにしよう」
小穴「ステイの方がいい?」
西室「そだねー

 小穴、顔を上げてギロっと西室を睨む。

西室「あの…うん、そう……そうですね」と恥ずかしそうに微笑む西室。

女子予選 北海道銀行-富士急
チーム名 H 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
北海道銀行   0 0 0 2 0 0 0 2 0 1 5
富士急 0 2 0 0 2 0 1 0 1 0 6

男子予選 コンサドーレ-札幌国際大学

7エンド 青木と言えばランバック

男子予選 コンサドーレ(赤)-札幌国際大学(黄) 7エンド 先攻黄サード1投目

 札幌国際大学は前年度優勝のteam IWAIの岩井、宿谷、青木の3選手が所属するチーム。team IWAIと言えば、青木豪のランバック。昨年の世界選手権では難しいランバックをビシビシ決めていた。

 この試合も2エンドでガードからのランバック・ダブルテイクを決めている青木。迎えた7エンド、先攻札幌国際大学サード青木1投目。またもガードからのランバック・テイクアウトに成功。しかもシューターもコーナーガードになるナイスショット。

 しかし、続く青木2投目では、そのコーナーガードの裏に隠す単純なヒットロールを狙うが、まったくロールせずヒットステイになってしまう。そこでこの一言。

青木「まじランバックしか決まらないんだけど今日」

10エンド 最善手は?

 3-3の同点でコンサドーレ後攻で迎えた10エンド。

 センターガードを置いては外す展開が続く。コンサドーレ清水2投目を前に長い作戦会議。ハウス側に阿部、清水、松村の3人、デリバリー側から谷田が見る。解説は小笠原歩

谷田「ただ、それピールして、次タップされて、あんま抜けない形になるなら良くないな。こっちのフリーズはあるから、やるんだったらこっちは押さえなきゃいけないと思う」
小笠原「いいこと言いますね、谷田選手(笑)」

 ここでも作戦を切り替えずガード外しを選択した。

男子予選 コンサドーレ(赤)-札幌国際大学(黄) 10エンド 後攻赤フォース1投目

 そして、札幌国際大学フォース岩井真幸1投目はドローして(4フットのセンターライン左にかかっている黄)図の投球前の形。コンサドーレタイムアウト取る。タイムアウト時間を終わって、中継がサブチャンネルBS102chに切り替わっても作戦会議は続く。コンサドーレ、フォース松村雄太1投目は速いウェイトでテイクアウトを選択。石がきれいに四方に散っていって、ボタンに黄だけが残る! 札幌国際大学にチャンスが来た。すかさずタイムアウトを取るが、

「ここだな」
「ここだね」
「そこしかない」
「ここしかない」

作戦は5秒で決まって、もちろんセンターガード。ハウス手前の近すぎず遠すぎずいい位置に置けた。松村2投目はわずかに見えている左側からガードをかわして黄を少し押す手を狙うが、ガードにかすってしまってハウスに届かず、札幌国際大学がスチール。札幌国際大学がここまで予選リーグで全勝のコンサドーレを破った。

 コンサドーレ、フォース松村1投目の場面、結果は狙い通りではなかったと思いますが、どこに誤算があったんでしょうか? 狙いの場所に当たったがその後の石の動きが計算外だったのか、ショットがずれていたのか。ずれていたとすればどこに当てたかったのか。ショットのあとに解説の小笠原が「少し松村選手のが厚く当たってしまって」とコメントしているが、実際もっと薄く当たっていたら石はどう動いていたのだろう? そして、スキップ1投目の小さなミスでこんなピンチになってしまうのなら、サード2投目の段階で作戦を切り替えるべきだったのだろうか?

男子予選 コンサドーレ-札幌国際大学
チーム名 H 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
コンサドーレ   0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 3
札幌国際大学 0 1 0 0 0 2 0 0 0 1 4

女子予選 ロコ・ソラーレ-北海道銀行

9エンド 藤澤のヒットロール

女子予選 ロコ・ソラーレ(赤)-北海道銀行(黄) 9エンド 先攻赤フォース1投目

 先攻ロコ・ソラーレ、フォース藤澤五月の1投目。左の黄から4フット手前の黄の裏に入るヒットロールを決める。これでロコ有利になった。

 このあと、なんとしても2点以上がほしい北海道銀行は、フォース吉村紗也香1投目でセンターライン上の黄からランバックを狙うが、わずかにずれて赤は動かず、さらにロコ・ソラーレ有利に。吉村2投目のラストストーンは、ハウス右端の赤から角度を変えて中央を狙う難しいショットをやらざるを得なくなる。これもわずかにずれて中央に飛んだシューターの黄はボタン下を通過。ロコ・ソラーレの3点スチール。ここまでクロスゲームだったがだったが、終盤スコアが大きく動いてこのエンドでコンシードになった。

女子予選 ロコ・ソラーレ-北海道銀行
チーム名 H 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ロコ・ソラーレ   1 0 2 0 0 1 0 2 3 - 9
北海道銀行 0 1 0 2 0 0 1 0 0 - 4

女子予選 北海道銀行-中部電力

3エンド 作戦を変えたショットが……

女子予選 北海道銀行(赤)-中部電力(黄) 3エンド 先攻赤フォース1投目

 先攻、北海道銀行スキップ吉村紗也香1投目。ハウス内のセンターライン右の黄のテイクで一度は決まって、投球体勢に入りかけるが……。

吉村「そっちにフリーズも考えたんだけどねー。どうしよう」
近江谷「押えられると思うけど。このあとどうするのかなとは思ったけど」
吉村「あれ2なんだよね」
近江谷「うん。で、……どういう予定だった?」

 投球をやめて吉村がハウスに行って船山弓枝と相談。黄のテイクではナンバー1を取れないので、テイクをやめて左の黄にフリーズに切り替えた。解説は金村萌絵。

金村「ここは2点勝ってるので、テイクアウトしてくるチームもあるとは思うんですが、一歩攻めに出ましたね」

 ナイスショット風だったが、わずかにナンバー1にならず。これが痛かった。

 後攻、中部電力フォース北澤育恵1投目。作戦会議があって、右の黄のタップバックを選択。ナンバー1・2・4を取る狙い通りのショット。

女子予選 北海道銀行(赤)-中部電力(黄) 3エンド 先攻赤フォース2投目

 吉村2投目はナンバー1の黄を直接狙うが、手前のナンバー4の黄に当たって押し込んでナンバー3にしてしまう。痛恨のショット。うつむき加減で渋い顔の吉村。

金村「2点をどうしても防ごうと思うとギリギリ狙ってしまうんですが、2点勝っているというスコアを考えて、悪くても1つ出して、2点は覚悟という気持ちで投げてほしかったですね」

 このあと、北澤2投目はナンバー1に軽く当てるドローで1点追加。中部電力4点のビッグエンドとなった。

6エンド 危険な選択

女子予選 北海道銀行(赤)-中部電力(黄) 6エンド 後攻赤フォース2投目

 先攻、中部電力フォース北澤2投目の段階で、4フットの赤と黄、どちらがナンバー1か中継の画面上からは微妙に見えた。

金村「どちらにせよ、中部電力は赤をテイクしていく必要はあると思いますね」
実況「テイクは、しづらいですか?」
金村「そうですね……。ただ、後ろの黄色も一緒に出てもいいと思えば、比較的簡単にできるとは思います」

 中部電力の選手は黄がナンバー1という確信があるようだ。赤を押すコースを無くしてドローコースも狭める石を置く手を選択し(4フット手前の黄)、図の投球前の形になる。いい位置に置けたが、この選択は危険だった。

 北海道銀行、スキップ吉村のラストストーン。右の黄から横に飛んでシューターをピタッと止めるダブルテイク・ステイを決める。北海道銀行は、ハウス内は黄ばかりの状態からスキップの2投で2点取った。

金村「よくあの状況から2点を取れたなというところなんですが。すばらしいショットが決まりましたね」
実況「中部電力もですね、北澤が与えたプレッシャーは大きかったと思うんですけど」
金村「そうですね。ただ、このダブルがあると思えば、赤のテイクアウトという方が良かったのかなと思うんですよね」

8エンド 「すばらしいショット」

女子予選 北海道銀行(赤)-中部電力(黄) 8エンド 先攻黄フォース2投目

 先攻、中部電力フォース北澤2投目、ボタンの赤をテイクして、じわっと左へロールして隠れるナイスショットを決める。実況が「すばらしいショット」とかみしめるようにように言った。試合後の市川美余のスタジオ解説*1、「美余's チョイス」でもこのシーンが選ばれた。

 吉村2投目はボタンに掛けるしかない厳しいドローだったが、まるでハウスに届かず中部電力1点スチール。ここまでクロスゲームだったが、ここで中部電力が有利になった。試合はこのまま中部電力の勝ち。

 この試合の北海道銀行は、ここで紹介した以外にも良いショットを決めていた――例えば、2エンド、小野寺2投目のダブルテイク。4エンド、吉村2投目のセンターラインをクロスして4フットを狙う狭い範囲のドロー。5エンド、吉村2投目のテイク後わずかにロールしてセンターガードの裏に入り相手に1点を取らせるショット――だけに、3エンドの4失点が悔やまれる。もっとも、この試合の勝敗が逆だったとしても予選リーグの順位に影響はなかったのだけど。

女子予選 北海道銀行-中部電力
チーム名 H 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
北海道銀行 0 2 0 2 0 2 0 0 1 0 7
中部電力   0 0 4 0 1 0 2 1 0 1 9

女子1位-2位 中部電力-ロコ・ソラーレ

1エンド 2投目は読んでいた

女子1位-2位 中部電力(赤)-ロコ・ソラーレ(黄)1エンド 先攻黄サード1投目

 先攻ロコ・ソラーレ、サード吉田知那美2投目。ヒットロールを決める。赤から内側にロールして、ロール幅も完璧。1エンドから精度の高いショット。吉田知那美はこういう難しめのショットを完璧に決めるシーンが多い。解説は石崎琴美

石崎「2投目はやはり読んでいましたね」

 実は、吉田知の1投目もほぼ同じショットを投げていて、それはヒットステイになっていた。2投目はその情報を元に調整して決めた。

9エンド 投げる順番を間違える

 クロスゲームのまま試合は進み、同点で迎えた9エンド。ここで事件が起きる。

 中部電力がサード2投目をデリバリーするが、石が進んでいる間に解説の石崎琴美が異変に気がついた。

石崎「あれ? 1投早く投げてしまったんですかね。あれ? サードの2投目ですよね、これ」
実況「そうですねえ」
石崎「いま北澤さん投げまし……たね」

 ショットの方は、ボタンの黄に直接当てて左下に押し下げて、赤が1・2を取るナイスショットだったが……。

実況「北澤ですね」

 なんと中部電力、投げる順番を間違えていた。サード2投目で、まだサードの松村千秋が投げるはずのところで、フォースの北澤育恵が投げてしまった。

 シート上では、ロコ・ソラーレの選手の方が先に気がついて指摘した。

「いまさー、北澤ちゃーん。千秋ちゃんだったかも」
「すいません。タイム止めてください」
「まだあと2投あるからさー」

 やっと事情が飲み込めた中部電力の選手。なぜか松村北澤と吉田夕梨花が肩を組む。苦笑いの両角友佑コーチ。石郷岡葉純が大会職員にルールの確認をしている。カーリング中継では珍しくリポーターから情報が入った。

リポ「曽根さん。先ほどの松村のところなんですけども、確認しましたら、ストーンは有効で、一番最後のストーンを松村が投げるということです」
実況「そうですね。ルールの規定上、プレイヤーが順番を間違えてストーンを投球した場合は、間違えがなかったものとしてそのエンドを続行して、順番を抜かされたプレイヤーがそのエンドの自分のチームのラストストーンを投球する、という規定になっていますので、松村が最後に投げるということになります」

 そして、ラストストーンを松村が投球する。ガードをギリギリかわして黄をテイクしてシューターも残るナイスショットで中部電力3点。ここまで同点だったが、ここで一気に中部電力優勢になった。

松村「アクシデントはあったけど」

 このルール、どうなんでしょう? これだと、順番を間違えたことが有利に働くこともあるんじゃない? 石を触ってしまった場合は、石を触った側が有利になることはないルールになっていたと思います。順番を間違えた場合にもそれと同じくらいのルールがあっていい気がします。カーリングらしいルールなのかもしれないけど、特に今回の場合、順番を抜かされた松村のラストストーンが、この試合を決めるショットになってしまったので、ちょっと釈然としない気持ちは残りました。

(i) プレーヤーが、順番を間違えてストーンを投球した場合、間違いがなかったものとしてそのエンドを続行し、順番を抜かされたプレーヤーがそのエンドの自分のチームのラストストーンを投球する。誰が抜かされたのか分からない場合、間違いをしたチームのリードがそのエンドの自分のチームのラストストーンを投球する。
女子1位-2位 中部電力-ロコ・ソラーレ
チーム名 H 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
中部電力 0 0 3 0 1 1 0 0 3 - 8
ロコ・ソラーレ   1 0 0 2 0 0 2 0 0 - 5

女子準決勝 ロコ・ソラーレ-北海道銀行

2エンド 怪力さっちゃん?

 女子準決勝でも事件が起きる。

 ロコ・ソラーレ吉田夕梨花2投目、Tライン奥でハウスから出るかどうか微妙な黄を掃き出そうとスキップ藤澤五月が全力スイープ。その瞬間、藤澤のブラシが折れる! 膝から落ちた藤澤だったが、なんとかタッチストーンは避ける。黄はハウスの右下にかかって残った。怪力だと思われたくない(?)藤澤がマイクに入るように「折れてたブラシだから」と言い訳。「亮二さーん」と大きな声を出す。解説は石崎琴美

実況「石崎さん、このシーンって見たことありますか?」
石崎「あー、んーとなんか、男子はね、あったりてしますけど。女子はね、さっちゃんどんだけの力だってことになっちゃいますからね」

 この後の決勝戦の中継の中で、コーチの小野寺亮二が練習の時に踏んで折れかけていたブラシを誤って使ってしまった結果ということが明かされた。

女子準決勝 ロコ・ソラーレ-北海道銀行
チーム名 H 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ロコ・ソラーレ 0 3 0 2 0 3 0 1 0 1 10
北海道銀行   1 0 2 0 1 0 2 0 2 0 8

女子決勝 ロコ・ソラーレ-中部電力

3エンド 女子の試合?

 サードで見応えのあるランバックの応酬があった。後攻中部電力サード松村千秋1投目、ガードの黄から縦にまっすぐ押すランバック。4フットの赤はなくなって、シューターの黄も飛ばした黄もぴったりステイ。石の配置はそのままで石の色だけが変わった。しかし、先攻ロコ・ソラーレ、サード吉田知那美2投目もお返しのランバック。先ほどステイで残っていた黄が2つともなくなった。解説は石崎琴美、金村萌絵のダブル解説。

石崎「なんか、女子の試合ですかね? 男子の試合を見ているみたいな」
金村「錯覚に陥りますね」

 そして中部電力サード松村千秋2投目はボタンへドローして、図の投球前の形に。ナイスショットに見えたが、ど真ん中すぎた。

女子決勝 中部電力(赤)-ロコ・ソラーレ(黄) 3エンド 先攻黄フォース1投目

石崎「ちょっと深いところまで行ってしまいましたので、これに付けられると2点目を取るスペースがかなり狭まってしまったんですよね。石1つ2つくらい前で良かったんですが、深くなりすぎてしまいました」

 先攻ロコ・ソラーレ、フォース藤澤五月1投目は、その黄にフリーズが吸い付くように決まる。これで中部電力は2点目を置く場所がない。このエンド、ロコ・ソラーレは1点取らせに成功した。

5エンド 思わぬ大差

女子決勝 中部電力(赤)-ロコ・ソラーレ(黄) 5エンド 先攻黄フォース2投目

 先攻ロコ・ソラーレ、フォース藤澤2投目。緩いウェイトで4フットの赤に触りたかったが、ガードに当ててしまう。最初はスイープしていたが、一瞬スイープをやめて、その後で激しくスイープしたがガードをかわせなかった。ハウス内の形を変えられなかった上に、センターガードがなくなってしまう痛恨ショット。

 このエンド、これまでロコ・ソラーレがセンターガードを置いては中部電力が外すショットが続いていた。中部電力フォース1投目で作戦を切り替えて、ヒットロールで4フット後方に黄を置いたところだった。センターガードをなくなってしまっては大量失点のピンチ。

 このあと、中部電力フォース北澤2投目は速いウェイトで一番手前の黄の芯に当てて赤が右に出ていき、黄は4フット奥の黄が無くなっただけで4つ残る。前半で思わぬ大差がついてしまった。

石崎「いやー、これはちょっと……。(北澤2投目は)いや、かなりナイスショットです。ナイスショットなんですが、その1個前の(藤澤2投目は)、あのラインコールというか……もったいなかったなという感じですね」

6エンド ダブルコーナーガードは有効なのか

 4点を追いかけるロコ・ソラーレだが、なかなか複数点を取る形にならない。逆に中部電力の方にいい形ができる。最後はロコ・ソラーレ、フォース藤澤に黄を3つ見ての4フットに入れなければいけない厳しいドローが残り、このドローがショートして中部電力3点スチール。10-3となり、ここでほぼ勝負あった。

女子決勝 中部電力(赤)-ロコ・ソラーレ(黄) 6エンド 後攻黄セカンド1投目

 自分が気になったのが、このエンドの作戦。ロコ・ソラーレはリードの2投でダブルコーナーガードを置きました。

金村「ただ中部電力はそうさせないためにセンターで勝負をしてくるので、それをいかにうまくかわすか、早い段階でコーナーに1個入れたりですとか、センターをきれいにしつつ自分の石が残るようにしていけるかですね」 

 結局、このあとそういう展開にはなりませんでした。図は後攻セカンド鈴木夕湖の1投目。センターラインへのドローを選択。これ以降のショットも、先攻も後攻もすべてセンターライン付近へ投げています。コーナーガードの裏を使うという展開は、このエンド1回もありませんでした。

 大量点を取りたい後攻はダブルコーナーガードを置くのは当然。5ロックルールだからなおさら、といままで思っていましたが、このエンドを見るとそうでもないかもと思いました。後攻がダブルコーナーガードを置く間に、先攻はセンターライン上に3つ置くことができる。それでいい位置に置かれたら、後攻セカンド1投目でセンターラインに投げざるを得ないというのなら、ダブルコーナーガードを置く意味がない気がします。

8エンド SPIN-O-RAMA

 8エンドで8点差。勝負はもうついた。プレーオフに入ってからはコンシードできるのは8エンド終了時から。

 中部電力リード1投目のドローに対して、ロコ・ソラーレはヒットステイを選択した。

金村「テイクしてきますね。ここは、もう」
石崎「そういうことですかね」
金村「そうですね。相手に敬意を表して」

 そのまま儀式のようにシンプルにテイクしあって進行する。中部電力フォース北澤2投目はピールして、石がすべてなくなる。あとは藤澤ラストストーンを残すのみ。チームメイトから声が飛ぶ。

「まわれー」
「さっちゃんまわれー」
「さっちゃんお願いします」

 藤澤、最後は回転投げ。平昌五輪決勝でスウェーデンのニクラス・エディンも見せた相手の勝ちを認めるパフォーマンス。ちょっとぎこちない(^_^;) エディンの回転の方がきれいだったなあ。まっすぐは投げられなかったように見えたが、タッチストーンして?ボタンに石を置いたところでコンシード。中部電力優勝となりました。

女子予選 ロコ・ソラーレ-中部電力
チーム名 H 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ロコ・ソラーレ   0 2 0 1 0 0 0 0 - - 3
中部電力 2 0 1 0 4 3 1 0 - - 11

中部電力が世界選手権へ

 日本選手権女子は中部電力が優勝して、3月16日から行われるカーリング女子世界選手権に出場が決まりました。中部電力は2017年にも優勝していますが、その時は日本が世界選手権の出場枠を獲得できなかったので出場できませんでした。2013年出場時は、スキップ藤澤五月、サード市川美余で日本選手権を4連覇したチーム構成の頃。中部電力が現在の構成に近い形になってからは初めての世界選手権出場になります。

 直近4回の世界選手権出場チームを見ると、2015年北海道銀行、2016年LS北見、2018年富士急、2019年中部電力と、ちょうど四強1回ずつとなっています。ロコ・ソラーレは世界選手権2位、五輪3位があるので世界の実績では抜けているけど、国内大会では圧勝しているというほどではない。こう見ると、来年以降もどうなるかわかりませんね。来年からは2022年の北京五輪の出場枠争い、代表争いも本格化してくるので、どういうことになるのか楽しみです。まあ、その前に今年の世界選手権ですね。

www1.nhk.or.jp

日本女子カーリングの主な大会の出場チームと成績
オリンピック 日本選手権優勝 世界選手権
2019 - 中部電力 中部電力(?位)
2018 LS北見(3位) 富士急 富士急(10位)
2017 - 中部電力 ※不出場
2016 - LS北見 LS北見(2位)
2015 - 北海道銀行 北海道銀行(6位)
2014 北海道銀行(5位) 中部電力 ※不出場
2013 - 中部電力 中部電力(7位)

*1:スタジオと言っても、シート脇にテーブルを置いただけのものだったけど。何の意味があるんだろう?