読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATOK [プレミアム]に収録された歴代の電子辞典を調べてみた

 『ATOK 2017 for Windows [プレミアム]』、買っちゃいました。収録されている辞典が魅力的だったので。『明鏡ことわざ成句使い方辞典』『大修館四字熟語辞典』は今までのATOK辞典にはないタイプだし、『岩波国語辞典』も持っていない。ATOKの場合、辞典はいくらあっても困らない。場所も取らないし引く時間もかからない。複数の辞典を見比べるのも容易にできる。

 ところで、ATOK [プレミアム]収録の電子辞典といえば『明鏡国語辞典』『ジーニアス英和辞典』『ジーニアス和英辞典』の“3点セット”というイメージが自分はありました。けど、いつの間にか“3点セット”ではなくなってました。それどころか、毎年違う辞典が収録されている気がします。昔は、ATOKの国語辞典と言えば、『広辞苑』と『明鏡』くらいしかなかったと思うのだけど、今では何種類あるのか把握できていない。

 そこで、歴代の[プレミアム]に収録された電子辞典を調べてみました。

歴代のATOK [プレミアム]に収録された電子辞典

ATOK 2017 for Windows [プレミアム]

  • 『岩波国語辞典』(岩波書店
  • 『明鏡ことわざ成句使い方辞典』(大修館書店)
  • 『大修館四字熟語辞典』(大修館書店)
  • 『ジーニアス英和辞典 第5版』(大修館書店)
  • 『ジーニアス和英辞典 第3版』(大修館書店)

ATOK連携電子辞典| ATOK 2017 for Windows | ジャストシステム
http://www.justsystems.com/jp/products/atok/feature3.html

ATOK 2016 for Windows [プレミアム]

  • 『精選版日本国語大辞典』(小学館
  • 『ジーニアス英和辞典 第5版』(大修館書店)※改版
  • 『ジーニアス和英辞典 第3版』(大修館書店)

プレミアム限定辞書・辞典 | ATOK 2016 for Windows | ジャストシステム
https://www.justsystems.com/jp/products/atok_2016/feature5.html

ATOK 2015 for Windows [プレミアム]

プレミアム限定辞書・辞典 | 日本語入力システム ATOK 2015 for Windows - ジャストシステム
https://www.justsystems.com/jp/products/atok_2015/feature3.html

ATOK 2014 for Windows [プレミアム]

  • 新明解国語辞典 第七版』(三省堂
  • 『ジーニアス英和辞典 第4版』(大修館書店)
  • 『ジーニアス和英辞典 第3版』(大修館書店)

新明解国語辞典 | 日本語入力システム ATOK 2014 for Windows
https://www.justsystems.com/jp/products/atok_2014/feature4.html

ATOK 2013 for Windows [プレミアム]

デジタル大辞泉 for ATOK|日本語入力システム ATOK 2013 for Windows
https://www.justsystems.com/jp/products/atok_2013/feature10.html

ATOK 2012 for Windows [プレミアム]

  • 明鏡国語辞典 第二版』(大修館書店)※改版
  • 『ジーニアス英和辞典 第4版』(大修館書店)
  • 『ジーニアス和英辞典 第3版』(大修館書店)※改版
  • 会社四季報 企業名変換辞書 2012年1集』(東洋経済新報社

明鏡国語辞典 第二版』『ジーニアス英和/和英辞典』|日本語入力システム ATOK 2012 for Windows
https://www.justsystems.com/jp/products/atok_2012/feature10.html

ATOK 2011 for Windows [プレミアム]

現代語に強い「大辞林」も登場![プレミアム]がおすすめ|日本語入力システム ATOK 2011 for Windows
https://www.justsystems.com/jp/products/atok_2011/feature6.html

ATOK 2010 for Windows [プレミアム]

プレミアム版だけの特別機能|日本語入力システム ATOK 2010 for Windows
https://www.justsystems.com/jp/products/atok_2010/feature4.html

ATOK 2009 for Windows [プレミアム]

日本語入力システム ATOK 2009 for Windows
https://www.justsystems.com/jp/products/atok_2009/

ATOK 2008 for Windows [プレミアム]

  • 明鏡国語辞典』(大修館書店)
  • 『ジーニアス英和辞典 第4版』(大修館書店)※改版
  • 『ジーニアス和英辞典 第2版』(大修館書店)
  • 会社四季報 企業名変換辞書 2008年1集』(東洋経済新報社
  • 『説得できる英文Eメール200の鉄則』文例(日経BP社

辞書・辞典が引きやすく|日本語入力システム ATOK 2008 for Windows
https://www.justsystems.com/jp/products/atok_2008/feature3.html

ATOK 2007 for Windows [プレミアム]

  • 明鏡国語辞典』(大修館書店)
  • 『ジーニアス英和辞典 第3版』(大修館書店)
  • 『ジーニアス和英辞典 第2版』(大修館書店)
  • 会社四季報 企業名変換辞書 2007年1集』(東洋経済新報社
  • 『説得できる英文Eメール200の鉄則』文例(日経BP社

ジャストシステムATOK 2007 for Windows [プレミアム]
https://www.justsystems.com/jp/software/dt/atok2007p/index.html

ATOK 2006 for Windows [電子辞典セット]

  • 明鏡国語辞典』(大修館書店)
  • 『ジーニアス英和辞典 第3版』(大修館書店)
  • 『ジーニアス和英辞典 第2版』(大修館書店)

ジャストシステムATOK 2006 for Windows
https://www.justsystems.com/jp/software/dt/atok2006/

ATOK 2005 for Windows [電子辞典セット]

  • 明鏡国語辞典』(大修館書店)
  • 『ジーニアス英和辞典 第3版』(大修館書店)
  • 『ジーニアス和英辞典 第2版』(大修館書店)※改版

ATOK 2005 for Windows オンラインカタログ
http://www.atok.com/2005/spec/index.html

ATOK17 for Windows [電子辞典セット]

  • 明鏡国語辞典』(大修館書店)
  • 『ジーニアス英和辞典 第3版』(大修館書店)
  • 『ジーニアス和英辞典』(大修館書店)

製品情報:ATOK17 for Windows[電子辞典セット]
https://www.justsystems.com/jp/software/dt/atok17we/index.html

ATOK16 for Windows [電子辞典セット]

  • 『国語辞典 第六版』(岩波書店
  • 『新英和中辞典 第6版』(研究社)
  • 『新和英中辞典 第4版』(研究社)

製品情報:日本語入力システム「ATOK16 for Windows[電子辞典セット]
https://www.justsystems.com/jp/software/dt/atok16we/

 これより前は、電子辞典がセットになった製品の存在が確認できませんでした*1

ATOK電子辞典一覧

 現在までに[プレミアム]や[電子辞典セット]に収録されたことがある、または別売りされている(た)か『ATOK Passport [プレミアム]』のクラウド辞典で使用できる電子辞典を、今回調べた限り列挙して見ます。

気がついたこといろいろ

『明鏡』『ジーニアス英和/和英』の“3点セット”は7年間

 [プレミアム]に収録されている辞典が『明鏡』『ジーニアス英和/和英』の“3点セット”だったのは『ATOK17』(2004)~『ATOK 2010』までの7年間でした。『ATOK 2012』では『明鏡国語辞典』は収録されたけど、2011以降で収録されたのはこの1回だけ。もう“3点セット”が収録されなくなってからずいぶん経ってるのね。

 『明鏡』は収録されなくなりましたが、『ジーニアス』は 『ATOK17』から現在に至るまでずっと収録されています。『ロングマン英英/和英』が収録されていた2009~2010も収録されている。ときどき改版されています。『ジーニアス英和辞典』は2008から第4版、2016から第5版。『ジーニアス和英辞典』は2005から第2版、2012から第3版。

 『明鏡国語辞典』も2012で第二版になっていたのですね。気がつかなかった。

最近の国語系電子辞典は別売りされていない

 最近の[プレミアム]収録の国語系の電子辞典は、ほとんど別売りされてないですね。2013以降はひとつも別売りされていない。しかも、毎年異なる辞典が収録されている。だから、ATOK連携辞典の種類は最近一気に増えたわけです。入手するにはその年の[プレミアム]を買うしかない。なんでこんな方式になったんだろう?

 『オールインワン辞書・辞典パック』という、その年の[プレミアム]収録辞典と『広辞苑』『角川類語辞典』『ロングマン英英/和英辞典』がセットになった商品も存在しますが(たぶん2013以降)、その年のバージョンのATOKが販売されている間しか販売されていないようです。

 なお、2011収録の『スーパー大辞林3.0』と『敬語のお辞典』はセットで別売りされています(クラウドもある)。2012収録の『明鏡国語辞典 第二版』も『ジーニアス英和/和英』との“3点セット”として別売りされています。

価格はずっと据え置き

 ATOKの価格はずっと変わっていないのですね。『ATOK 2009 for Windows [プレミアム]』以降はずっと8000円(税別)([プレミアム]、AAA優待版、ダウンロード版)。なぜか辞典の内容などによって価格が変わると思い込んでいました。消費税のせいかも?

『ドクターマウス』ってなんだ?

 『ATOK16』の時代に『ドクターマウス[英和/和英/国語辞典] /R.2』という辞典ソフトが販売されていたようですね。初めて知りました。『ATOK』や『一太郎』と連携して使うこともできるけれど、単体でも使うことができるよう。便利そうだなー、と思ったり(^_^;) 収録されていた辞典は『岩波国語辞典』『新英和中辞典』『新和英中辞典』。そんな14年前のソフトの辞典も、「最新ATOKと、辞書・辞典対応表」によると『ATOK 2017』でも使えるようです。すごい。

会社四季報 企業名変換辞書』がなくなっていた

 『会社四季報 企業名変換辞書』は[プレミアム]に勝手に付いてきていたという印象があるのですが、収録されていたのは2007~2013でした。自分が前に[プレミアム]を買ったのは2014なので、ちょうど収録されなくなったときなのですね。いま見たら、確かにインストールされていませんでした。2007[プレミアム]は持っているのでインストールしようとしたら「セットアップ可能なATOKが存在しません」だってさ(´・ω・`) 『ATOK 2007』本体のインストールからやり直せばインストールできると思うけど面倒だからもういい。

 なお、『乗換案内 駅名変換辞書』(ジョルダンは2007以降ずっと収録されています。[プレミアム]だけではなく[ベーシック]にも収録されています。

参考ページリンク

*1:製品ページのURLだけ列挙しておきます。