読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤクルト遊撃手の2006年以降のスタメン出場数を調べた

 スワローズ検定を受検するにあたって、ドラフト・開幕投手・胴上げ投手一覧以外にも作った表がいくつかありまして試験前に載せようと思っていたのですが、試験前で勉強したかったり、どう考えてもこんなの出ねーよと思う表だったりして載せていなかったのですが、このままお蔵入りにするには惜しいと思い始めたので載せます。

 今回は、2006年以降のヤクルトでの遊撃でスタメン出場した回数を表にしたものです。これを作ったのはスワローズ検定対策というよりも、神宮球場オープン戦を観戦して大引の守備を見て「これが遊撃手だ!」と感動して、じゃあいままでのヤクルトの遊撃手は何だったのか? と思ったのがきっかけです。データの元は『プロ野球 ヌルデータ置き場 - Ver2.0』です。

2006年以降のヤクルト遊撃手スタメン出場数(要するに遊撃ドングリーズの軌跡)
選手名201420132012201120102009200820072006
森岡良介 68 72 53 15 8 3      
荒木貴裕 29     1 5        
谷内亮太 23 6              
西浦直亨 11                
今浪隆博 8                
川島慶三 5 61   9   116 49    
川端慎吾   3 81 109 52 1 13 2 1
山田哲人   1 10            
宮本慎也   1     4 10 57 129 72
藤本敦士       8 56        
鬼崎裕司       2 19 13 1    
ウィルソン             23    
城石憲之             1 8 38
飯原誉士               5  
田中浩康                 19
大原秉秀                 11
梶本勇介                 3
三木肇                 2
  • 太字はその年の最多出場

ポイント

 森岡の、頑張って頑張って頑張って頑張って頑張ったけどどうしてもレギュラーに定着できなかった感が好きです。今年は大引啓次がFA移籍してきて、この争いもついに決着かと思いきや、まだ不穏ですね。