読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eスポーツMaXの「ぷよぷよ対決「くまちょむ vs Tom」」

 12月12放送の『ゲームクラブeスポーツMaX』ぷよぷよ対決「くまちょむ vs Tom」」の動画が、今回もYouTubeにアップされ始めています。今回は1回ずつ小出しにされているようですね。今週末にはリプレイ解説も含めて全部アップされるかな?(2014/12/26追記:全部アップされました)

 ぷよぷよが弱い一視聴者の感想ですが、今回のぷよぷよ対決は、最初見た時、見どころがあまりなかったように見えたんですよね。連鎖が暴発した試合が2試合あったし、ジャブで本線打たせてさらに大きな本線で返すという分かりやすい展開もなかったし。1戦目と5戦目はセカンドを打つところまで見たかった。それと、「水まんじゅう食べたいな」みたいなネタもなかったし(「電気を止められている」という衝撃発言はありましたが)。

 しかし、改めて見てみると4戦目、2連鎖トリプルに対して2連鎖トリプルで返すところは見応えありますね。その後のたたみかけもきれい。それと、この2トリって、2Pの方が威力が大きいんですね。1Pは3色・2Pは2色だったから1Pの方が強いのかと思いました。同じ色が離れた場所で消える形の同時消しは弱いという印象があったのですが、それ以上に全部4個消しの同時消しの方が弱いのですね。

 上級者のぷよぷよを見ていてよく思うのが“ここでさっさと本線の連鎖を打っちゃったらどうなるの?”ということ。相手が副砲用の連鎖を作っていたり、形が崩れていたりして、とても返せないように見えることが良くあります。まあ、本線を打ってしまうとその間にうまく本線を伸ばされて負ける可能性が高いということだと思いますけど。例えば3戦目、2Pが赤黄の1連鎖ダブルを打った場面。実戦では2連鎖で対応していますが、あの青で本戦発火していたらどうなるんでしょう?

 この放送回のあとにもぷよぷよ回の番組収録があったはずなので、この番組ではぷよぷよを定期的にやるようですね。楽しみです。こうなると気になるのが、これからぷよぷよをやる回ではくまちょむとKuroroが毎回出るのかということ。番組公式サイトのぷよぷよのページでは、くまちょむがぷよぷよマスターで、Kuroroはぷよぷよ専属解説者のような紹介になっています。Kuroroの解説もいいですが、自分としてはTomのリベンジを見たい感じもあります。

関連記事